2005年08月25日

人類最古のお酒 ミードを知っていますか?

古代ローマのゲルマン人は結婚から1ヶ月間はハチミツ酒ミードを飲む習慣 があったそうです。これがハネムーンの語源だとか。

日本では、猿酒として知られていたようです。木の洞に日本みつばちが巣を作り、そこに雨が流れ込んで木の根元に溜まり、自然にはちみつと混ざり合い、発酵したものを猿が作った酒だと長らく考えられていたとか。

Fi1771597_2e
人からもらった日本みつばちのはちみつをしばらく置いておいたら、泡だっていて、香りはまるでぶどうジュースのようになっていました。香りがいいということは、腐敗ではなく、発酵という法則あり。「なんだ、これ!?」と早速、藤原誠太さんに聞いてみたら、これがミードの原型だとか。
日本みつばちのはちみつは、西洋みつばちのものよりも酵素が豊富らしいので発酵しやすいそうです。

先日の東京はちみつクラブの設立パーティでは、木村克己さんご推薦のミードワインをみんなで味わってみました。

そして、ついに日本でも高知の菊水酒造からミード酒が発売されることになったという報道がつい先日ありました。原料はレンゲのはちみつです。

日本でミード製造の免許を得ているのは、このメーカだけだそうです。どぶろくと同じで、酒税法によるものでしょうか?

ちょっと気になるのがワイン酵母を加えて発酵させたとあるところ。
何か情報がありましたら、ぜひ、お寄せください。