2005年06月12日

くりのハチミツ

moufさんの「バゲット1本食べられる」モンターニュって、どんな蜜源なのでしょうね?すごく気になります。
パリのオペラ座のハチミツはオペラ座内の売店で売っていると番組では言っています。

本当に先日も仲間と「ミツバチめぐりの旅」を企画したいと話していたところです。ミツバチに出会うことは、その土地の風土と出会うことでもあるのですから。mofuさんの情報にあるOVNIにレポートされているイル・ドフランスもぜひ、いつか訪ねてみたいです。
今、立ち上げを準備している「東京はちみつクラブ」でぜひ、やってみたいです。

Fi1476446_1e

画像はイタリアと日本の栗のハチミツです。色と同じで、イタリアの方がクセがあります。ゴルゴンゾーラチーズにイタリアものをかけて食べたら、かなり美味。ハチミツだけだと、やはりクセが勝って、ちょっと苦味が残ります。日本の栗の方は、クセはしっかりあるけど、苦味がありません。マロンという言葉そのもののような、まろやかなクセ(っていう言い方も変かな?)です。

私はチーズもクセのあるブルーチーズなどが大好きだから、これは定番になりそうな組み合わせです。ワインのお供の仲間が増えたという感じです。

mofuさん、ハチミツって、味わいがそれぞれ異なって、なかなか面白いと思いませんか?フランスは農業大国。地域にこだわったおいしいものがたくさんありそうですね。日本もいつか大国にはならなくても、農業国にしたいなあ。



ラベル:蜜源
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。