2005年05月28日

みつばち月間、いよいよ終わり間近となりました

26日19:00〜、この春、最後のみつばちスクールが終了。5月は通算4回実施したことになります。今回は丸の内の新東京ビル内にあるMARUNOUCHI CAFEにて、LJ21企画による新シリーズ「MIND THE GAP」の第1回目として「東京で生まれたはちみつ」を開催しました。こちらも満員御礼。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

Fi1418649_1e
MARUNOUCHI CAFEは、スタイリッシュな空間プロデュースを行うIDEE(イデー)が運営するフリースペースラウンジです。クリスマスのイルミネーション“東京ミレナリオ”でおなじみの仲通りにあります。「MIND THE GAP」は今後、不定期ですが、むらとまち、人と自然、人と人の間にもある、そんなすき間をちょっとクローズアップして、驚いたり、楽しんだりしていく予定です。

会場の様子
Fi1418649_1e_2

2階会場の窓から見える仲通りの街路樹は、なんとユリノキ。参加されたみなさんも、こんな身近に蜜源があるなんて思いもよらなかったのではないでしょうか。藤原さんによれば、枝打ちをしすぎていて、木が細く、ちょっと残念だということです。

今回も10種類のハチミツをテイスティングしました。白いお皿の中で、きれいなグラデーションを描くハチミツ、口にしてみれば、それぞれ特徴のある味わいが広がります。

Fi1418649_2e

東京のど真ん中で会うミツバチたちに参加者も興味津々。小さな小さな体に信じられないほどのパワーを秘めています。ミツバチとハチミツの魅力にまたしてもはまっていただけたようで、主催者としてはとてもうれしいかぎりです。今後は、テイスティングをもっと楽しく、もっと深く味わえるようにしたいと計画中。乞うご期待ください!

今年も、来週早々にはおよそ100万匹のミツバチたちが東京を離れ、盛岡へ帰っていきます。都心が急に寂しくなるような気がするのは私だけでしょうか?

Fi1418649_3e